セミナー概要

働き方改革やテレワークの推進により、チャットボットの需要が増加し、LINE WORKSと連携できるチャットボットも増えてきました。しかし、一方で自社に合ったBotの選定方法が分からない、それぞれの製品の違いが分からない、との声も聞くようになりました。


そこで今回、LINE WORKSがモデレータとして、各ベンダーの代表者それぞれに、自社製品の特長や、活用方法、Botの未来は?など、ざっくばらんに聞く対談形式のトークセミナーを開催します。みなさまのご参加お待ちしております。

開催概要

  • 日時
    10月21日(水)  15:00 〜 16:00
  • 場所
    オンラインセミナー(Zoom)
    登録いただいた方に視聴URLをお送りします
  • 定員
    100名
  • 参加費
    無料
  • 対象
    Bot導入を検討している方、興味がある方
  • 主催
    ワークスモバイルジャパン株式会社
  • 共催
    LINE株式会社、株式会社エムオーテックス、株式会社ギブリー、株式会社メタバーズ

今回登壇いただくBotベンダーのご紹介

  • PEP

    株式会社ギブリー
    取締役 山川 雄志

    PEPは誰でもカンタンに AI アシスタントを作成できるツール。よくある社内の問い合わせ応対(チャットボット機能)はもちろん、様々なクラウドサービスと連携し、社員の代わりに情報を探してくれます。

  • Botbird for Business

    株式会社メタバーズ
    代表取締役社長兼CEO 島谷 直芳

    Botbird for Business(ボットバード・フォー・ビジネス)は、LINEやLINE WORKS でのチャットボット・AIスマートスピーカー・スマートディスプレイ開発運用プラットフォームです。様々なデバイス・アプリを利用した自動会話システムをプログラムなしで簡単に開発および運用が可能です。

  • LINE CLOVA

    LINE株式会社
    稲井 優貴
    DXコンサルティングチーム

    「CLOVA Chatbot」は、LINE WORKSとの連携が非常に簡単。使いやすい設定画面や多言語対応しているのはもちろん、CLOVA OCRとの連携により、スマホで撮影したレシートをチャット上にアップして経費精算を受け付けるといった拡張も可能です。スマートスピーカーで培った高い精度の自然言語処理で、LINEで会話するようにWORKSでもBOTに話しかけていただければ、必要な情報を正しく・迅速に提供することが実現できます。

  • Syncpit

    株式会社エムオーテックス
    マーケティング本部
    本部長 池田 淳

    ▼Syncpit 3つの特長
    1. 初期設定のナビゲーションに従って設定を行うだけで、最短30分で設定可能!
    2. Syncpit が対応するソリューションと連携し、情シス・総務のバックオフィス業務を自動化!
    3. 1ユーザー月額100円から利用できる、導入を検討しやすい分かりやすい価格体系!

セミナーお申し込みフォーム

各社のプライバシーポリシーに同意の上、お申し込みください。
ワークスモバイルジャパン株式会社LINE株式会社、エムオーテックス株式会社株式会社ギブリー株式会社メタバーズ